2015年5月19日火曜日

中華WindowsタブについてくるOffice365を使ってOnedriveの容量を10TBにしよう

中華Windowsタブレットに搭載されているWindows 8.1 with bingには、必ずMicrosoft Office365が付いてきます
そしてそのOffice365はOfficeが1年間使える代物なのですが、OneDriveの容量を無制限に使える権限もついてくるのです
やり方も簡単なので是非やってみましょう

まずは中華Windowsタブレットでタイル状のホーム画面からMicrosoft Officeを探して起動します
デスクトップ画面に移行して中国製でいろいろ書かれているものが出てくるはずです


こんなやつ
激活を押すとブラウザが開きますので押してください

プライバシーに関わるのでパスワードを確認されます 普通にログインしてください

これでMicrosoftアカウントにOffice365が紐付けされます
もしかしたらこの後確認画面が出たりするかもしれません。忘れましたが何かあるとしても忘れる程度の簡単な何かでしょう
ちなみにこの時点でOneDriveの容量は1TBです

すでに桁がおかしい
15GBから一気に1TBになりました
基本的にこれで事足りる気がします
ここまでがOffice365の開封の仕方と1TBにする方法です
次に無制限にする方法を書きます
まずこのサイトにアクセスしてください

英語だらけで何がなんだかですが、Get on the listというボタンがあるのでそこを押してください

そうするとポップアップが開いてログインを求められる(ログインしてたらないかも)のでログインすると数日後にメールが来て容量が10TBになっています
また足りなくなったら申請すれば増やしてくれるそうですがそこまで使っていないのでまだわかりません



何かあったらメールかTwitterにどうぞ