2016年10月23日日曜日

Android搭載VRが流行る可能性が微レ存…?

中国のとりあえずAndroidOSを搭載しておけの極意がVR業界にも迫ってきております。
今までスマートウォッチとかStick型PCなど様々なものにAndroidが搭載され私の中でブームを巻き起こしていきました。
Android搭載液晶とかもありましたね。
その流れでVRにAndroidが搭載されていっているのですが、気になる商品が増えてきているのでまとめてみました。

PIPO All-in-one VR Glass

商品画像一覧
クリックして大きな画像でみてね
又は製品ページに

現状最安価なVRではないでしょうか?
スペックもHD解像度で1万円以下なのでまずまずだと思います。
スペック表
しかし外部入力端子がないことからAndroidOS限定となってしまいます。
とはいえVR対応アプリがAndroidでも増えてきておりますのでおもちゃとしては面白い商品だと思います。
オルタナティブガールズとかこれで出来たらアーイキソ…

Ailol VR-R2

製品画像一覧
クリックして大きな画像でみてね
又は製品ページへ

下の端子類にHDMIがある可能性が微レ存
もしパソコンのVRとしても活用できればFHDのVRが2万円台で買えることになります。
現在一番期待している中華VRです。
Ailonは私が2台目に買ったタブレットのメーカーでもあり、ドスタブのOEMで背面が焦げるタブレットを作る事ができるメーカーです。
私が買ったAinolのタブレットはこいつのOEMであるCrystal2です。
もうこの事件も3年前です。

Nibiruって何

Nibiruってなんだよ
ところでこの2台、どちらもNibiruに対応していると商品画像にありますが、一体何なのでしょうか。
公式サイト http://www.inibiru.com/

VRの技術を提供している企業なのかな?

俺もVRの波に乗りてぇなぁ…

0 件のコメント:

コメントを投稿