2016年12月27日火曜日

【ベストバイガジェット2016】やっぱりSnapdragonが最高だった年

アドベントカレンダーに参加できなかったので初投稿です。




ベストバイガジェットをまとめる前に今年買った端末を箇条書きして思い出してみたいと思います。

  1. CUBE iwork8 Ultimate
  2. Blackphone BP1
  3. Blackview BV6000
  4. GOLE1
  5. Goophone i7 Plus
  6. GPD WIN
  7. HOMTOM HT10
  8. Lenovo ZUK2
  9. Nexus5X
  10. NO.1 D6
  11. UMI Super(貰った)
  12. Mi band2(貰った)
  13. Yotaphone2
UMI SuperとMi band2は中華ECサイトから頂きました。
その後あっちから連絡がないということは…(あっ…察し)

とは言え貰い物を除けば11台の端末を買ってきましたがよくよく考えたら買いすぎでしょ。
モバマスのために半分くらい犠牲になって今持ってるのはMi band2とZUK Z2とCUBE iwork8 Ultimateだけだけど他の端末もベストバイガジェットの選定にぶち込んでやるぜ。
それではベストバイガジェットを3位から紹介していきたいと思います。
ちなみにベストバイガジェットの基準はネタ度ではなく実用性で評価しています。
ネタ度ではGoophone i7 Plusが優勝です。

3位 GPD WIN

皆さんご存知GPD WIN
普及しすぎて面白みのかけらもないのですがGPD WIN自体は面白みの塊でした。
5インチで動くWindowsを待ちに待っていた私にはGOLE1に続いて発売されたGPD WINでゲームをして楽しんでいました。
もっと一緒にいたかったのですがモバマスの4thイベントのために飛ばされてしまいました。
Atom X7 Z8700もパワフルでちょっとした3Dゲームなら難なく動くし持ち歩いていて楽しい端末でした。


2位 Nexus 5X

Nexusはいいぞ


ベストバイガジェット(中華端末とは言っていない)

いや普通に使いやすくて半年くらいメイン機になっていました。
最新のOSが触れて中華特有の不安定さがなくてクッッソ快適でした。
難点と言えばRAMが2GBだとちょっと足りなさを覚えたのと電池持ちはよくありませんでした。
でもCPUはSnapdragon808ですしデレステも快適に動くので中華沼にハマっていた私にとってこれは救世主でした。
その後1位のベストバイガジェットにメイン機の座を奪われてしまうんですけどね…


1位 ZUK Z2

スマホを撮るスマホがないので過去画像でごめんね
Nexus5Xを差し置いてまで上り詰めてきた勝因とは…?
(中華端末が1位じゃないとサイト的にまずいからじゃないよ)

Nexus5Xよりも1年ほどあとに出た機種ですのでCPUは強化されまくっているSnapdragon820で、バッテリー持ちもNexus5Xよりも良いです。
また、Nexus5XはROMが16GBだったのですが、ZUK Z2は64GBありますのでアプリを入れて要領が足りなくなることは私の使い方じゃなくなりました。
とは言え2万円で買えるだけあってカメラは多少犠牲になっている感じは否めませんがもはや私には撮るスマホが無いので問題ありません。
OSもAndroid7.0が来るとのことですのでマルチウィンドウが出来るようになればもうスマホはこれ1台で十分になってしまいます。
あと4G+に対応していて通信も非常に快適です。
年始あたりに詳しい使用レビューでも書こうと思います。
ZUK Z2商品ページ:http://bit.ly/2fd7OvR


まとめ

今年は上期はMediaTek系CPU端末を、下期はSnapdragonを多く使ってきましたがやはりMediaTekはSnapdragonと比べてしまうと見劣りしてしまいますね。
HOMTOM HT10のHelio X20ぐらいでようやく3D性能がSnapdragon805と並んだかなと言う印象です。
X10の3D性能は結構酷かったので順当に強化はされてきているんですけどね…
あと最近Snapdragonを積んだスマホが中華ECサイトで安くなっているのでMediaTekが潰れないか心配です。
Yotaphone2といいZUK Z2といいスナドラのくせに安すぎる。
値段で勝負できなくて性能も微妙だと流石に買わないんだよなぁ…
来年はどんなCPUが出てくるか楽しみですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿